副業もしてないのに、今の家賃が5万円増えたら死にますよね。 たぶんそれと同じ意味だと思います(違うかw)。

こんにちは。navranginstituteです。

なんかダウン着ても寒い季節になってきました。
これから長い冬に入っていくのかと思うと、なんだか切ないです。

そして、2015年も残すところあと1ヶ月半。
まだ今年を総括するのは早過ぎるんですが、
なんだかこの歳になると、1年が過ぎるのがあっという間ですね。

さてさて、そんなこんなで(全然そんなこんなじゃないw)

昨日、寝る前にスマホでネットサーフィンしてたら、
ちょっとショッキングな記事見つけました。

副業Q&Aというところが
発表しているデータなんですが↓これヤバくないですか?

「平成9年の467万円をピークに、サラリーマンの平均年収はどんどん下がり、平成24年は408万円まで落ち込んでいます。この20年で年収は約60万円下がる。これは月換算で毎月の給与が5万円も減っていることを意味します」

年収60万円というのもヤバいですが、月換算で5万円だと
なんだか余計に実感します。

今の家賃が5万円増えたら死にますよね。
たぶんそれと同じ意味だと思います(違うかw)。

リーマン・ショックがあったのが2008年。
上のグラフで言うと平成18年のところ。

もちろん、そこに至るまでもドンドン下がってきてるんだけど、
リーマン・ショック以降の落ち込みが半端じゃない。

ちなみにこれ、あくまで平均年収なんだけど、
落ち込みがヤバい人は、もっと落ちているんじゃないかと思う。

なんか先が思いやられますね。

給与上がらないかなー。